R22冷媒は2020年に全廃となります

キャッシュレス・消費者還元 安心の実績 修理と買い替えどっちがお得
エアコン工事見積無料 FAXでの見積依頼 修理業者募集

ウインターセール

R22冷媒は2020年に全廃となります

R22冷媒(HCFC)は2020年で生産終了となります

15年以上前の家庭用・業務用エアコンはR22冷媒搭載が主流でした。
しかしそれも今は昔。2020年以降は修理が困難となる恐れがあります。

その時期に製造されたエアコンの主流であったR22(HCFC)冷媒ガスの削減が定められ、2020年に完全に撤廃の予定となっています。

すでに日本国内の空調機器メーカーはR22対応製品から、代替冷媒製品の生産および販売へ移行を済ませています。

また経済産業省・環境省は、改正フロン法という法律に従ってフロン再生業の準備に着手しています。(再生量は該当するフロン類の廃棄量などに制約されます。)

出展:一般財団法人 日本冷凍空調工業会


冷媒ガスとは

冷媒ガスの種類を知ることはエアコンの熱効率や性能を知る一つの大きな判断材料となります。

冷媒ガスとは、人工的に作られたガスでエアコンの冷媒などに使用されているもので、エアコンの機能を支える重要な機関です。
冷媒のお仕事は、空気中の熱を運ぶお仕事。外の熱を家の中に運んでお部屋を温めたり、逆に家の中の熱を外に運んでお部屋を冷やしたりします。

冷媒ガスの種類

種類 代表的物質 特徴 オゾン層破壊係数 規制
CFC
※旧冷媒とよばれる
R-11など オゾン層を破壊し
さらに地球温暖化の大きな原因となる
100 特定フロン
(1995年 生産中止)
HCFC
※旧冷媒とよばれる
R-22,R-123など CFCほどではないものの
オゾン層を破壊し
地球温暖化も多少進める
6 代替フロン
(2020年に全廃予定)
HFC
※新冷媒とよばれる
R-32,R-410Aなど オゾン層に影響がなく、地球温暖化にも影響が少ない 0 新冷媒
(代替フロン)

R22冷媒ガス(HCFC)が全廃になると...?

この削減・全廃は政府間国際協定(モントリオール議定書・1987年)およびオゾン層保護法(1988年)によって定められ、CFC冷媒(R12,R502など)の生産は1996年に全廃となっています。
HCFC(R22冷媒)も2015年には基準生産年(1989年)の10%を下回り、2020年には実質全廃となります。
それでは、R22冷媒の全廃はどのような影響を及ぼすのでしょう?


1.修理費用が高くなります。

修理費用

R22冷媒の生産が終了いたしますと、それ以降新たにR22冷媒を手に入れることが難しくなります。
それに伴って、入手コストが修理費用に含まれてしまい、修理費用が今まで以上に高くなる可能性があります。

また、近い将来、在庫がなくなってしまう可能性も考えられます。そうなってしまうと修理自体を行うことができなくなりますので、お早めのお取替えをおすすめします。


2.修理時期が伸びます。

修理時期

価格の高騰だけではなく、実際に修理を開始するまでの準備期間が伸びるため、修理が完了するまでに日程がかかる場合があります。

夏場の暑い時期や冬場の寒い時期のように、エアコンをフルに稼働させる季節はどこのご家庭や会社でもエアコンが急に故障することがあります。そのため、修理ができる業者の多忙により予約も取りづらいため、期間の見通しが立たない場合もございます。

古いエアコンをご使用の方は、今一度、ご使用のエアコンを見直してみてはいかがでしょうか?


3.電気代が高くなります。

電気代

エネルギー効率が悪いので消費電力量が増え、そのまま使い続けているとその期間中余分な電気代がかかることになります。

新しいエアコンに替えていただくことにより、今までよりおトクに節約することができます。

さらに最近は省エネ仕様のエアコンも多数発売されていますので、期間中のランニングコストを計上した際に、結果的に安く済む場合もあります。

この機会にご家庭や職場のエアコンを見直し、節約しながら快適に過ごしてみませんか?


R22冷媒(HCFC)が使われていたエアコン

1999年ごろからR22冷媒から新しい冷媒への切り替えが始まり、その後も熱効率や環境への配慮などから、改良が進められています。
現在では消費電力の少なさや環境面の負担の少なさからみても、R32冷媒を使用しているのエアコンを使っていただくことが、一番ローコストでご利用いただくことができます。
15年以上同じエアコンを使い続けていると、機能面だけでなく性能、電気代、修理への対応などまで含め、あらゆる面でコストやリスクが高まってきているのです。


詳しく調べるには、室外機の銘板を確認してみましょう

冷媒の欄にR22と記入されてあれば更新対象機種です

そのほか、対象機種に該当するかわからない場合や不明な点などあれば、品番確認いただければメーカー問わず対応いたしますのでお気軽にお問い合わせください!


R22冷媒ガス(HCFC)が入手困難になる前に入替を!

15年以上前に製造されたエアコンにはR22冷媒が使用されています。
今現役で動いている空調機でも、R22冷媒が入手が困難となるため、万が一故障してしまった際に修理ができないという事態になるということも予想されます。
何かがあった時に困るという事態を防ぐためにも空調の入替計画を進めることを推奨します。
また、最新エアコンの導入により、省エネによる節電効果、経費削減に貢献し、環境面ではCO2の削減にも繋がります。
ぜひ、この機会にご家庭や職場のエアコンを見直してみてはいかがでしょうか?


最新のエアコン揃ってます!



ページトップへ


その他のエアコンのお見積りや工事込みのお見積りは、下記のフォームをご利用下さい。


【 ご利用ガイド 】 - Information -

当店を初めてご利用のお客様へ

当店はご利用頂くすべてのお客様に安心してお気軽にご利用頂けるように、迅速かつ誠実に対応させて頂きます。
お困りの際は、まずはお気軽にスタッフまでお電話やメールにてお問い合わせくださいませ。
事務所に直接お越し頂いての打ち合わせも可能です。

初めてのお客様へのご案内

メールでのお問合せ ⇒ メールでのお問合せ

お支払方法について

お支払いは、銀行振込・代金引換・クレジットカード・ショッピングローン・リース・後払いの中からお選び頂けます。
ご入金の確認が出来次第、商品発送のお手続きをさせて頂きます。

お支払方法について

送料について

15,000円以上のご注文は送料無料!

※北海道、沖縄、離島地域、一部商品につきましては価格に関わらず送料を頂いております。

▼ 15,000円未満のご注文につきましては、記載の通り送料が必要です。
※送料 720円/
 ・北海道1600円
 ・沖縄 都度お見積り
 ・離島 都度お見積り

送料について

配送について

▼ 当店では、メーカー直送便をお勧めしています!

※ メーカー直送便にて配送する事によって商品の移動回数が少なく、器具の破損等のトラブルを回避できます。
※メーカー直送配送は、日曜、祝日の配送、また時間指定ができませんのでご注意下さい。
※商品のお受け取りが出来なかった場合は、別途再配送料が発生致します。

▼ 商品と代金による引換配送

※ 宅配便による配送 = 日曜祝日、時間指定配送が可能です。

※商品によっては代金引換をご利用できない場合もございますので、ご注意下さい。

配送方法について

返品・交換について

当店ではお客様のご都合による商品の返品・交換はお受けできません。

「イメージが違う」「注文間違い」「取付出来ない」などの返品・交換はお受け致しかねます。
ご注文の際は品番、サイズ、色など、よくご確認の上ご注文くださいます様お願い申し上げます。
クーリングオフは適応外となりますのでご了承ください。

返品・交換について

リサイクル回収料金について

家庭用エアコン商品について

不用品の回収をご希望の場合、リサイクル料金と収集運搬料金が発生致します。
商品ページの項目「撤去済エアコンの回収を希望する」を選択して頂き、ご購入ください。
リサイクル料金と収集運搬料金については、別途お支払いとなります。

リサイクル回収料金について

工事について

当店は商品の販売だけでなく、工事共のトータルサポートを得意とする会社です。インターネットを通じて全国の法人様、一般のお客様よりご利用頂いております。

工事について

お問い合わせについて

▼ 全国対応
TEL: 0120-655-080

営業時間について

営業日:月〜土(9:00〜18:00)

当店について


ページトップへ